smbclient (FreeBSD) 完結

smbclient (FreeBSD) 序章の訂正。序章の記事には恥ずかしい間違いがあったが、そのまま残す。smbclientが初めて本当に役に立った。

smbclientでtarを作る

次のコマンドでsambaサーバーのデータが一度に全てローカルマシンにバックアップできる。scriptなど作る必要はさらさらなかった。

fmv# smbclient //xa7e/public -Uuser名%password -Tc backup.tar
fmv# tar -xvf backup.tar

要するにsmbclientコマンドの最後に余計なパラメータを追加する必要はなかったのだ。序章ではそれに気づかず、ディレクトリの数だけ同じ作業を繰り返す羽目になった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中